世界を食べる!

いろいろな国の料理を日本で食べ、お土産でもらった外国のお菓子を食べる。ただそれだけ。

クロアチア、ふたたび

 またまた、遠方より友来たる。

 というわけで、ご本人の希望により、京橋にあるクロアチア料理店 Dobro でランチをすることになった。

 昨年6月、W杯アルゼンチン vs クロアチアの日にひとりでランチして、とても美味しくて、お店の人も感じがよかったことを覚えている。このときは予約なしで、1階席に案内された。今回は8名と人数が多いので予約を入れた。予約はコースのみで、2階席。注文するメニューは当日決めればいいとのことだったので、席だけ予約した。

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102091007j:plain

 

 大通りから1本入った通り沿いに面している。店構えがかわいい。

 写真は撮らなかったけれど、内装も素敵で、「ここに住みたい!」という声も上がる。

 

 ランチメニューから、全員、シュトゥルクリ・セットを注文。メインは3種類(サルマ、魚介料理、パスティツァーダ)のなかから選べる。わたしはサルマ(クロアチア風ロールキャベツ)にしたけれど、8名、みごとにばらけた。

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102090938j:plain

 

 前菜。どれも美味しい。鶏肉のパテ(手前左)はこの日の主役に譲る……。

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102090924j:plain

 コース名になっているシュトゥルクリ。メニューによると、

自家製の平パスタの中にフレッシュチーズをいれた、クロアチア風ラザニア。パプリカクリームソースで。

 とのこと。残ったソースをパンにつけて、ソースまで堪能。

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102090908j:plain

 

 メインのサロマ。塩漬けしたキャベツで巻いてあって、お店の人に「ナイフとフォークでほぐして、ポテトも崩して、スープと混ぜてお召しあがりください。クロアチアの伝統的な家庭料理です」とすすめられるままにしてみたら、本当に美味しかった。素朴な家庭料理なのだけれど、そこがなんともいえず、美味しい。

 魚介料理もパスティツァーダ(牛ほほ肉の赤ワイン煮込み)を選んだ人たちも、美味しい!と感嘆していた。

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102090855j:plain

 

f:id:sekaiwotaberu:20191102090836j:plain

 

 デザートは、クロアチアの伝統ケーキ、ストンスカ・トルタと栗のアイスクリームとフルーツの盛り合わせ。コーヒーか紅茶を選べる。

 ストンスカ・トルタは『TOKYO世界の絶品スイーツめぐり』で知って食べてみたかったのだが、ランチタイムの1階のメニューにはなかったのだった。ゆでたマカロニを型に入れ、小麦粉、ココアパウダー、牛乳、生クリーム、チョコレートを合わせた生地を上から流し込んでオーブンで焼くらしい。ケーキにマカロニ?とびっくりするけれど、考えてみると、どちらも小麦粉なので、違和感はない。

 

 東京で食べられる各国料理のお店のガイドブックのような本はいろいろと出ていて、わたしも、前述の本のほか、『味の地球儀@tokyo 世界料理グルメガイド』『大使館御用達レストラン』という本を持っている。本に載っているけれど、なくなってしまったお店が少なくないなか、Dobro は3冊全部に載っていて、現在も営業中。これって本当にすごいことだと思う。

 同行した友人たちも、すっかり Dobro を気に入ってくれて、今度は夜に来たいねなどと話している。

 

 

 

www.dobro.co.jp

世界のごちそうをレトルトで食べる会、開催!

 9月のとある週末、都内某所に5人の女性が集結した。目的は世界のごちそう博物館で注文した世界の珍しい料理のレトルトを食べること。

 世界のごちそう博物館で売っている世界各国の珍しい料理のレトルトを一度に何種類かまとめて注文して、数名で食べてみませんか?

 そんな魅了的な企画が立ち上がったのは今年の7月。さっそく珍しい料理が好きそうな人たちに声をかけてみたところ、あっという間に人数が集まった。
 世界のごちそう博物館のサイトから食べたい料理を各自挙げてもらい、希望者数の多かった以下7点を注文することにした。

  • ハリラスープ(モロッコ、レンズ豆の煮込み)
  • スクマイキ(ケニア、牛肉とケールの煮込み) 
  • マレーシア風ワニのココナッツカレー
  • 食べて知るシリーズ「飢餓問題」(ソマリアのジャガイモと牛挽き肉の炒め物「スカール」)
  • パキスタン風羊の脳みそカレー
  • ベトナムナマズのココナッツカレー
  • ブラジル風ピラルクのココナッツ煮込み   

 偶然とはいえ、なかなかバランスのいい組み合わせになったと思う。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925220323j:plain 

 

 並べてみると、なかなか壮観(※当日食べたもの以外の商品もある)。これに、レトルトのご飯(白米)、手作りのピタパンやサラダ、ピクルスなども加わり、豪華。

 第1弾として、ハリラスープ、食べて知るシリーズ「飢餓問題」(ソマリアのジャガイモと牛挽き肉の炒め物「スカール」)、ブラジル風ピラルクのココナッツ煮込みに挑戦。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925221031j:plain

 ハリラスープ。モロッコの料理で、「レンズ豆の煮込み」。ラマダン中の日没後に食べることが多いとのこと。原材料はレンズ豆、玉ねぎ、セロリ、トマト、香辛料、塩、食用植物油。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925221335j:plain

 ブラジルのバイーア地方で食べられている、ココナッツと野菜の煮込みムケッカ。原材料は魚ナイルパーチ……ピラルクじゃなかった)、ココナッツミルク、玉ねぎ、パプリカ、トマト、香菜、塩、ヤシ油。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925221415j:plain

 食べて知るシリーズ「飢餓問題」ソマリアで日常的に食べられている、ジャガイモと挽き肉の炒め物「スカール」。原材料は牛挽肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマト、ニンニク、香辛料(オレガノ?)、オリーブオイル、塩。

 レトルトと聞いて、よくあるレトルトのカレーのようなイメージを抱いていたら、全然違い、レトルト特有に油っぽさがない。異国風味を残したまま、日本人にも食べやすくした感じ。

 

 第2弾は、スクマイキ(ケニア、牛肉とケールの煮込み)とパキスタン風羊の脳みそカレー。参加者のほとんどは初めて食べる脳みそに興味津々。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925223115j:plain

 牛肉とスクマイキを煮込んだケニアの料理。原材料は玉ねぎ、牛肉、トマト、ケール(スクマイキの代替品)、ビーフエキス、香辛料、塩、食用植物油。ケニアでは、ウガリという白いトウモロコシを練ったものと一緒に食べるとのこと。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925223149j:plain

 羊の脳みそカレー。原材料は羊の脳みそ、玉ねぎ、ほうれん草、トマト、ヨーグルト、にんにく、生姜、チキンエキス、ビーフエキス、香辛料(クローブ)、塩、食用植物油。脳みそは柔らかかった。

 どちらもなかなかスパイシー。

 

  最後は、マレーシア風ワニのココナッツカレーとベトナムナマズのココナッツカレー。カレーは最後にしたほうがいいのではないかと思い、この順番にしたのだったが……。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925223632j:plain

 マレーシア風ワニのココナッツカレー。原材料はワニ肉(オーストラリア産)、ココナッツミルク、トマト、玉ねぎ、にんにく、生姜、チキンエキス、ビーフエキス、香辛料、塩、食用植物油。多民族国家マレーシアらしく、インド風のちょっぴりスパイシーなカレー。

 

f:id:sekaiwotaberu:20190925223712j:plain

 ベトナムナマズのココナッツカレー。原材料はナマズ、ココナッツミルク、玉ねぎ、さつまいも、砂糖、チキンエキス、ビーフエキス、香辛料(ターメリックコリアンダーレモングラス)、塩、食用植物油。ベトナム料理はタイ料理などに比べて辛くないのが特徴だが、さつまいもが入っているせいか、かなり甘かった(赤く見えるのはサツマイモの皮)。

 

 レトルトひとつがひとり分で、5人で7つ、そのほかレトルトのご飯、ピタパンを各自ひとつ、サラダ、ピクルス、食後にシャインマスカットやおまんじゅうなども食べ、夕飯は要らない状態となりながらも、楽しかったね、美味しかったね、またやりたいねと言いながら、解散。

 

 ところで、レトルトが入っていたパッケージの内側にはこんなことが書いてあった。

 「世界の料理を食べる」という事は、その国の文化に直に触れる事であり、単におなかを満たしたり、美味しさを追求して食べるという事ではないんです。

 

 料理には歴史や地理が関係している。興味は尽きない。

 

www.palermo.jp

 

 世界のごちそう博物館からは、レシピ本も2冊出ている。

 

 

レイパユースト

 フィンランドに行ってきた友人から、レイパユーストを買ってきたと連絡が!

 レイパユーストは『世界食べものマップ』で「茶色いこげめのついた、やわらかいチーズ」と紹介され、『四人の交差点』の冒頭近くにも名前が出てくる、フィンランドのフレッシュチーズ。

 一度食べたいと思っていたけれど、フレッシュチーズだし、現地に行かないと無理だとあきらめていた。それが日本で食べられるとは! 消費期限が近いので、さっそく会ってもらってきた。

 

f:id:sekaiwotaberu:20181014210849j:plain

 

f:id:sekaiwotaberu:20181014210915j:plain

 

 保冷剤とともに保冷バックに収まって、はるかフィンランドから我が家にやってきたユーパレイスト。見た目は市販のナンのよう(焦げめだけ)。

 

 フィンランドではクラウドベリーと一緒に食べるそうだが、北極圏でしか育たないクラウドベリーを日本で入手するのは至難の業なので、代替案としてブルーベリージャムをつけて食べることを勧められた。ブルーベリージャムは切れていたので、明治屋の果実実感シリーズ つぶつぶブルーベリージャムを購入。果肉たっぷりのジャムが欲しかったので。

 

 夕飯後のデザートに食べてみた。

 

f:id:sekaiwotaberu:20181014211406j:plain

 

 5人家族に均等になるように、扇形に切ってみたけれど、この切り方でよかったのかどうかは不明。ブルーベリージャムをたっぷりのせると、レアチーズケーキみたい。美味しくいただいた。

 

 夜だったので、コーヒーを避けてしまったけれど、コーヒーと一緒に食べるべきだったな……。それはまたの機会に。

 

 

曙橋でチベットに出会う

 ふたたび、遠方より友来る。

 

 というわけで、今度は曙橋にあるチベットレストラン&カフェ タシデレに4人で集合。6月にやまねこ多言語オフを行ったチェコ料理店 だあしゑんかを下見中に、Fさんが見つけた店である。

 

f:id:sekaiwotaberu:20180821212415j:plain

 

 ランチタイムだったが、ピークは過ぎたからと、ランチメニューのほかに一品メニューにも対応してくれた。

 ランチメニューのなかから、ピンシャセット(ピンシャ、モモ1個、ティンモ1個、ライス、サラダ)あるいはラプシャセット(ラプシャ、モモ1個、ティンモ1個、ライス、サラダ)を注文。ピンシャは豚肉、じゃがいも、春雨を煮込んだ、具沢山のスープ。ラプシャは鶏肉と大根を炒めて煮込んだ具沢山のスープ。モモは代表的なチベット料理で、粗挽き牛肉をたっぷり使った蒸し餃子(とにかくこれが食べたかった!)。ティンモはシンプルな蒸しパン。セットにはドリンクかデザートがつく。ほかにベジチーズモモをひとりひとつずつと、ラムシャプタ(羊肉と野菜の炒め物)を頼んだ。

 

 セットのサラダが登場。チーズがかかっている。

f:id:sekaiwotaberu:20180821222135j:plain

 

 ラムシャプタ。野菜たっぷり。

f:id:sekaiwotaberu:20180821222412j:plain

 

 ベジチーズモモ。「キャベツなどの野菜とチーズを包んだ、ヘルシーなモモ」とのこと。なかに入っているチーズは、サラダにかかっているチーズと同じかな?

f:id:sekaiwotaberu:20180821222519j:plain

 

 モモ(手前)とティンモ(後ろ左)とライス。ティンモは中華まんの皮みたいな感じ。チェコ料理のクネドーリキにも似ている。もちもちして美味しい。

f:id:sekaiwotaberu:20180821222751j:plain

 

 ピンシャ。具沢山で美味しい。ティンモをひたして食べてもいい。ラプシャは鶏肉なのでわたしは食べなかったけれど、ピリ辛だったらしい。

f:id:sekaiwotaberu:20180821223022j:plain

 

 ラッシー、マンゴーラッシー、チャイ(HOT / ICE)、チベットハーブティー、有機ティモールコーヒー(HOT / ICE)、ツァンパヨーグルト、ハルワのなかから、ドリンクかデザートを1品選べるようになっていて、わたしは「チベット」という言葉に惹かれて、チベットハーブティーを選んだ。

f:id:sekaiwotaberu:20180821223512j:plain

 

 料理はどれも美味しかった。次はディナーの時間に来て、いろいろな料理に挑戦したい。お菓子も食べてみたいし、バター茶も飲んでみたいなあ。

 

チベットレストラン&カフェ タシデレ

http://tashidelek.jp

西日暮里でヴェトナム料理を

 遠方より友来る。

 というわけで、有志5人で西日暮里にあるヴェトナム料理店故郷レストランに集合。西日暮里で降りるのは○十年ぶり。

 

 まずはヴェトナムビール、バーバーバー(333)とサイゴンスペシャルで乾杯! わたしは飲めないので蓮茶を。

f:id:sekaiwotaberu:20180629205737j:plain f:id:sekaiwotaberu:20180629210531j:plain

 

 魚ピリ辛さつま揚げ。さつま揚げがピリ辛というのが新鮮。

f:id:sekaiwotaberu:20180629210909j:plain

 

 青いパパイヤのサラダ(という名前の映画がなかったっけ?)。

f:id:sekaiwotaberu:20180629210825j:plain

 

 盛合せ春巻き。生春巻きも揚げ春巻きも食べたい人にぴったり。ソースは2種類。どちらも捨てがたい。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211102j:plain

 

 空芯菜ガーリック炒め。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211322j:plain


 ソフトシェルクラブ揚げのタマリンド味付け。甲羅が柔らかいから、甲羅ごと食べられる。甘酸っぱいタマリンドのソースが美味しい。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211444j:plain

 

 豚肉の串焼き。テーブルにあった3種類のソースを試してみたけれど、海老のソースが絶妙だった。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211649j:plain

 

 牛肉の串焼き。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211854j:plain

 

 ドリンク2杯目はタマリンドジュース。甘酸っぱい。少しどろっとしている。

f:id:sekaiwotaberu:20180629213306j:plain

 

 あさり&デイルのスープ。同じディルを使っても、北欧料理とは全然ちがう。これも美味しい。

f:id:sekaiwotaberu:20180629211946j:plain

 

 今回一番食べたかった、ヴェトナムのお好み焼き、豚肉&海老のバインセオー。黄色いのは卵ではなくターメリックの色。米粉なのでパリパリしている。切り分けるのはなかなか難しかった。

f:id:sekaiwotaberu:20180629212059j:plain

 

 予約特典のミニサイズのベトナムのゼンザイ(チェー)。

f:id:sekaiwotaberu:20180629212339j:plain

 

 ヴェトナムコーヒー(アイス)。夜コーヒーを飲むと寝られなくなってしまうので、わたしはパスしたけれど、美味しそうだった……。

f:id:sekaiwotaberu:20180629212458j:plain

 

furusato.owst.jp

 

アルゼンチン vs クロアチアを控えて

 ワールドカップという名のつくものは世の中にいろいろあるが、わたしのいうワールドカップはFIFAワールドカップ国際サッカー連盟FIFA 主催の各国代表男子チームによるサッカーの世界選手権大会)のこと。1990年イタリア大会を生観戦したっけ……(遠い目)。外国の地名は概ねサッカーで覚えたし、好きな外国選手の名前の発音を知りたくて、外国語をかじった。

 あのころの情熱は今はもうなく、今大会も気がついたら始まっていて、とりあえずクロアチアアイスランドを応援している(クロアチアは独立以来ずっと応援している)。そういえば、京橋にクロアチア料理店があったっけと思い出し、ちょうど国立映画アーカイブEU フィルムデーズ2018をやっていたので、東京会場最終日の6月21日にクロアチア料理店 Dobro でランチをして、そのあと映画(『マッド・メアリー』クロアチア映画ではなく、アイルランド映画だけれど)を観ようと決める。奇しくもこの日の夜(というか未明)、アルゼンチン vs クロアチアが控えていた。アルゼンチン土産のアルファホールがひとつ残っていたので、朝、コーヒーと一緒に食べ、わたしのなかのアルゼンチンvsクロアチアの笛が鳴った。

 

 クロアチア料理店 Dobroの外観。クロアチアの国旗だー! テンションが上がる。

f:id:sekaiwotaberu:20180621205057j:plain

 

 実はクロアチア料理のことはよく知らない。昔、テレビで菅野美穂さんが「クロアチアで食べたポレンタが美味しかった」と言っていて、ポレンタってイタリア料理では?と思ったけれど、クロアチアでも食べられているらしい。パスタもよく食べるみたいなので、イタリア料理に近いのかな?

 ランチメニューは魚料理が5種類、肉料理が4種類。メニューに「クロアチアといえばアドリア海の魚料理! オーナーが直接築地で仕入れるからこそ提供できる大満足のボリュームです!!」と書いてあり、頭のなかにクロアチアの地図が浮かぶ。築地で仕入れたなら美味しそうだ。どれにしようか少し迷ったけれど、「最強コンビ! マグロのレアカツと海老フライ2本 クリームリゾット付」を選び、デザートセット(自家製塀クドチーズケーキ ミモレット添えとホットコーヒー)も頼んだ。

 

 すぐにスープが出てきた。ヴィシソワーズ。

f:id:sekaiwotaberu:20180621210935j:plain

 

 スープを飲み終えると、すぐに食器を下げられ、ほどなくしてメインディッシュとリゾットが登場。

f:id:sekaiwotaberu:20180621211122j:plain

 

f:id:sekaiwotaberu:20180621211154j:plain

 

 マグロのレアカツと海老フライ、美味しかった。海老フライは日本の定食屋さんの海老フライとは衣がちょっと違う感じ。サラダと酢漬けのキャベツが添えられている。クリームリゾットは白ライスに変更可能。どちらも大盛り無料だそうだ。パスタも大盛り無料。

 

 食べ終えると、ささっとお皿を下げられ、すぐにデザートとコーヒーが出てきた。

f:id:sekaiwotaberu:20180621211609j:plain

 

 コーヒーはエスプレッソだった。

f:id:sekaiwotaberu:20180621211642j:plain

 

 ランチメニューが1,200円、デザートセットが300円、合わせて1,500円。京橋という場所を考えるとお得な値段だと思う。美味しかったので、今度はディナーの時間に来て、クロアチア料理をもっとゆっくり味わいたい。

 

www.dobro.co.jp

 

チェコ料理でやまねこ多言語オフ

 やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベントの一環として、多言語オフを行った。多言語〜と銘打っているけれど、別に英語以外の言語の翻訳に携わる人たちの集まりなどではなく、いろいろな言語の文化など(食べものも含む)について、外国のおいしい料理を食べながら楽しく語り合いましょう!という会。それに、英語だって多言語のひとつなのだから!

 

 四谷三丁目にあるチェコ料理店 だあしゑんか。4年前、coffee & gallery ゑいじうに行ったときにたまたま見つけ、「チェコ料理とビール」「ビールと絵本のお店」という案内、そして、なによりも「だあしゑんか」という店名に心をつかまれ、いつか必ず行く!と決めていた。

 いつか絶対行く!という決意とともにそのとき撮った写真。当時はビルの2階にあった。

f:id:sekaiwotaberu:20180618101532j:plain 

 

f:id:sekaiwotaberu:20180618101620j:plain

 

 その後、行く機会に恵まれぬまま4年が過ぎ、店は今年の2月に現在の場所に移転。やまねこ20周年記念の多言語オフの会場を探していたとき、候補のひとつとして名前を挙げさせてもらった。多言語オフの世話人Fさんが前からだあしゑんかに行きたいと思っていたことを思い出し、偵察も兼ねて日曜日に不定期にやっているランチへ行き、すっかり惚れ込んでその場で予約を入れてくれた。Fさん、ありがとう!(ちなみにFさんはいっしょにメキシコ料理を食べにいったひとりであり、お土産でサルミアッキをくれた人でもあり、スモーガスボードで新年会をしたひとりでもあり、ブラジル料理を食べながら打ち合わせをしたひとりでもあり、一緒に羊の丸焼きを食べたひとりでもある。)

ダーシェンカ』を読み直しながら、当日を楽しみに待つ。

 

 さて、多言語オフ当日の6月16日(土)。まず0次会として四谷三丁目にあるコーヒー専門店 猫廼舎(ねこのや)に来られる人だけ集まった。そのときの様子をチラ見せ(こちらこちら)。ケーキにもかなり心惹かれたけれど、このあと宴を控えていることを考えて、コーヒーのみ注文(「サビネコ」という名前の、少し渋めのブレンドコーヒー)。

 コーヒーを飲みながらおしゃべりしたり、絵本を見せ合ったりしているうちに2時間が経過してあっという間に予約時間の18時となり、だあしゑんかチェコ料理店へ移動。

 前のお店は大通りの2階にあったので、通りすがりに目に留まったけれど、新しい店舗は裏通りの地下1階。猫廼舎を出ると、チェコの旗が目に入る(写真は撮り忘れた)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618104353j:plain

 

f:id:sekaiwotaberu:20180618104448j:plain

 

 18時にちょうどくらいに店に入ると、すでに4名が来ていた。全部で10名。内装のかわいさにみんなテンションが上がり、写真を撮りまくる。

 壁面をうめる絵本(原書もあれば、邦訳もある)。松濤美術館で開催された「チェペック兄弟と子どもの世界」のカタログもある(わたしも持ってるよ〜)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618104556j:plain

 

 拙訳書『世界食べものマップ』を発見!(※『世界食べものマップ』にチェコのページはないが、お隣のハンガリーポーランドのページはある。)

f:id:sekaiwotaberu:20180618104829j:plain

 

 飾ってあるお皿や人形などもかわいい。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105231j:plain

 

 トイレの前の棚。お店のブログによると、月に1度、バックギャモンの例会が行われているらしい。どうぶつしょうぎの本も。

f:id:sekaiwotaberu:20180618110000j:plain

 

 カトラリーを支えるダックスフント。赤白チェックのテーブルクロス。何もかもがかわいい。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105022j:plain

 

 まずは乾杯。ほとんどの人がウルケル樽生を注文するなか、アルコールがダメなわたしはジョージアグルジア)産の文字に惹かれて、ミネラルウォーター(NABEGHLAVI ナベグラヴィ)を。発泡性。

f:id:sekaiwotaberu:20180618111853j:plain

 

 この日の料理は定番のコースではなく、Fさんがお店の方と相談して決めてくれたもの。

 

 前菜はフレビチキ(奥右、チェコ風オープンサンド)、ザワークラフト(手前右)、ウトペネツ(奥左、ソーセージの酢漬け。ちなみに「ウトペネツ」とは「水死体」という意味らしい)、カマンベールチーズのマリネ(手前左)の4品。みんな、「なにこれ、美味しい!」としか言わない(笑)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618104742j:plain

 

 1品目。ブランボラーク(チェコ風ポテトパンケーキ)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105113j:plain

 

 タルタルソース風のものをつけて食べる。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105156j:plain

 

 チキンのシャシュリク(串焼き)。サワークリーム(たぶん)をつけて食べる。鶏肉はお礼を兼ねて(?)Fさんに進呈。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105355j:plain

 

 メインのビール煮込みのグラーシュ。クネドリーキが添えてある。グラーシュはハンガリー起源の料理(ハンガリーでは「グヤーシュ」と呼ばれ、『世界食べものマップ』にも載っている)で、チェコソウルフードでもある。Fさんに何か食べたいものあるかリクエストを求められたとき、グラーシュ!と答えていたのだ。Fさんもグラーシュは外せない!と考えていたそうで、ふたりともたのしみにしていた。

f:id:sekaiwotaberu:20180618105425j:plain

 

 クネドーリキはゆでて作るパン。発酵させたあと、焼く代わりにゆでるのだそうだ(厳密にはパンではなく、ダンプリング料理に分類されるらしい)。

 

 デザートは「プルーンでチョコを包んだチョコ&プルーンのクネドーリキ」もしくは「バーボフカ(マーブル生地のチョコ風クグロフ)」の二者択一。

 デザートメニューの可愛さに目を奪われてなかなか決められない。 

f:id:sekaiwotaberu:20180618105452j:plain

 

f:id:sekaiwotaberu:20180618115024j:plain

 

「クネドーリキはさっき食べたし〜」という理由でバーボフカを選ぶ。クネドーリキを選んだ人、バーボフカを選んだ人、半々ずつだった。

 飲みものはホットのコーヒーか紅茶の二者択一で、猫廼舎でコーヒーを飲んでいたので、わたしは紅茶にした。

 

 紅茶(ミルク投入後)。カップも可愛い(カップはひとりひとり違う)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618115517j:plain

 

 クネドリーキ。メニューにある説明によると、「イチゴやプルーンなどをパン生地で包んでゆで、カッテージチーズとヨーグルトソースをかけた、お団子のようなお菓子」。2分の1個を分けてもらって食べてみた(お腹いっぱいで2つは食べられないという方がいて、Fさんとわたしとで半分こした)。つるつるもちもちして美味しい。

f:id:sekaiwotaberu:20180618115405j:plain

 

 バーボフカは焼きたてで、ほんのり温かかった。こちらも美味しかった。お皿も可愛い(お皿もひとりひとり違った)。

f:id:sekaiwotaberu:20180618115557j:plain

 

 おいしい料理と可愛い内装と楽しいおしゃべりで身も心も満たされ、「絶対また来る!」と新たな野望を胸に一同店をあとにしたのだった。

 ちなみにお店に入ったのが18時、お店を出たのが22時過ぎ……。

 

 四谷三丁目(特に裏通り)には個人経営の小さなお店が多くて、どれも興味深く、改めて散策してみたい。

 

だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本